健康用語WEB事典

エゼチミブ(ezetimibe)

高コレステロール血症など脂質異常症の治療NPC1L1を標的とする。商品名はゼチーア*1

エゼチミブの化学構造

小腸における胆汁性および食事からのコレステロールの吸収を抑制する。*2

同時にワルファリンを服用すると、からのビタミンKの吸収が阻害されることで肝臓でのビタミンK濃度が低下し、ワルファリンの作用が増強されることが報告されている。これはビタミンK1消化管吸収をNPC1L1が担っており、これがエゼチミブにより濃度依存的に阻害されるためである。*3

タグ: 医薬品成分 有機化合物 コレステロール

*1国立大学法人 東京医科歯科大学 難治疾患研究所 要注意、エゼチミブとワルファリンの薬物相互作用: http://www.tmd.ac.jp/mri/cph/members/PDF/nikkei_2015March_VitK.pdf
*2くすりの事典 2020年版 片山志郎 成美堂出版(2019/6/30): https://amzn.to/3i8J1I1
*3コレステロールトランスポーターNPC1L1と脂溶性ビタミン吸収 東京大学医学部附属病院薬剤部 高田龍平 山梨義英 鈴木洋史: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscpt/46/1/46_39/_pdf/-char/ja

ご意見・ご要望をお聞かせください。


エゼチミブに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




添付ファイル: fileezetimibe.png 閲覧数 179回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-10-11 (日) 14:19:53