エナメル芽細胞(ameloblast)

外胚葉由来の上皮細胞から分化して形成される細胞アメロブラストとも。

エナメル質の形成に関わり、エナメル質タンパク質であるアメロゲニンおよびエナメリンを産生する。*1*2

エナメル質の形成の際に丈の高い円柱状の細胞となり、基底膜に向う部分に円錐形の突起(トームス突起)を生じる。*3

*1エナメル器由来細胞の増殖および分化に対するアメロブラスチンの作用機序の解明 - ひまわり[Himawari] 広島大学 統合技術情報発信システム: https://hutdb.hiroshima-u.ac.jp/seeds/view/885/ja
*2マウスの切歯が伸び続けるメカニズムを解明 歯の再生への応用に期待: http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press20170328_02web.pdf
*3神戸大学附属図書館 デジタルアーカイブ 【 学内研究成果 】 消化器系 歯: http://www.lib.kobe-u.ac.jp/products/jintai1/T013.pdf

エナメル芽細胞に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-04-13 (土) 13:21:56