健康用語WEB事典

エピゲノム(epigenome)

特定の細胞ゲノム修飾状態の総称。エピジェネティクスの基盤となる。*1*2

DNAメチル化DNAシトシンメチル基(-CH3)が結合した状態)など。細胞の特性を決める要因の一つとなる。

DNAメチル化クロマチンで各細胞ゲノムは印付けされており、それを エピゲノム と呼んでいます。多分化能を有する幹細胞、特定の機能を果たすように分化した体細胞、不死化と過増殖性を獲得した癌細胞、分裂を停止した老化細胞などは、それぞれに固有のエピゲノムを有しています。*3

以下のような働きにを持つ。

また、エピゲノムの状態は環境因子の影響を受けること知られており、生活習慣病に関係があるとされる。個体ごと・細胞ごとに違いがあり、DNAメチル化の個人差が特に大きい部位は特にCDMVと呼ばれる。

エピゲノムとは、DNA塩基配列以外のDNAメチル化ヒストン修飾で維持される遺伝情報です。*4

エピゲノムの一つであるDNAメチル化は、細胞分化の主役である一方、喫煙・飲酒・ストレスなどの環境要因によって異常が生じ、生活習慣病がんうつなどの種々の疾患の誘因となっていることが明らかになってきました。*5

*1九州大学生体防御医学研究所 ゲノム機能制御学部門 エピゲノム制御学分野: http://www.bioreg.kyushu-u.ac.jp/labo/epigenome/
*2遺伝学電子博物館 マウスのエピジェネティクス: https://www.nig.ac.jp/museum/livingthing/16_e.html
*3細胞医学分野 - 熊本大学発生医学研究所: http://www.imeg.kumamoto-u.ac.jp/bunya_top/medical_cell_biology/
*4東京大学 代謝医学分野 酒井研究室: http://www.mm.rcast.u-tokyo.ac.jp/
*5DNAメチル化の網羅的解析によってエピゲノム多様性を解読 ~個別化予防・個別化医療に貢献可能~: http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2017/04/press20170421-03.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


エピゲノムに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:05:41