健康用語WEB事典

エピセサミン(episesamin)

ゴマリグナンのひとつ。セサミンジアステレオマー脂質代謝改善作用を持つ。*1

エピセサミンの化学構造

セサミンと同様に、肝臓シトクロムP450の作用を受け、構造中のメチレンジオキシフェニル基カテコール基に変換された化合物群に代謝される。*2

*1KAKEN — 研究課題をさがす | 分子構造・機能性からみたリグナン化合物のアテローム性動脈硬化予防の検討 (KAKENHI-PROJECT-07670467): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-07670467/
*2東京大学学術機関リポジトリ 食品由来のポリフェノールの構造と生体調節機能に関する研究 中井正晃: http://gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/data/h18/216513/216513a.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


エピセサミンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileepisesamin.png 閲覧数 145回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-02-09 (土) 19:00:49