健康用語WEB事典

エフェドリン(ephedrine)

麻黄から抽出されたアルカロイド

エフェドリンの化学構造

血管収縮による昇圧、代謝亢進、気管支拡張などの作用を持ち、喘息上気道炎に対する治療薬の有効成分。タキフィラキシーが起こる物質でもある。*1*2

*1旭川医科大学病院 塩酸エフェドリン: http://www.asahikawa-med.ac.jp/hospital/pharmacy/db/medis/2/2221002X1047.html
*2エフェドリンの歴史 歴史遺産と現代社会への影響 齋藤繁 群馬大学大学院医学系研究科麻酔神経科学分野: http://plaza.umin.ac.jp/~jsmh/journal/58-3/58-3_321-329.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


エフェドリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileephedrine.png 閲覧数 603回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-03-17 (土) 18:45:50