健康用語WEB事典

エフリン(ephrin)

エフリン受容体チロシンキナーゼ活性を活性化するリガンド視蓋発現し、その後側で高く前側で低い。*1

以下の種類が存在し、それそれエフリンA?EPHA?エフリンB?EPHB?に結合する。*2

  • エフリンA?
    • エフリンA1?
    • エフリンA2?
    • エフリンA5?
  • エフリンB?
    • エフリンB1?
    • エフリンB2?
*1科学技術振興機構 神経回路形成等に必須なリン酸化酵素の機能を制御するメカニズムを解明: https://www.jst.go.jp/pr/info/info290/index.html
*2視神経投射形成における受容体型プロテインチロシンホスファターゼの役割 新谷隆史 野田昌晴: http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2013/11/80-08-03.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


エフリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-05-04 (月) 19:53:47