健康用語WEB事典

エムデン-マイヤーホフ-パルナス経路(Embden–Meyerhof–Parnas pathway)

解糖系のひとつ。エムデン-マイヤーホフ経路とも呼ばれる。

グルコース1分子からピルビン酸を介して最終的に2分子乳酸ATPを生成する。*1

C6H12O6 → 2CH3CH(OH)COOH + 2ATP

エムデン-マイヤーホフ-パルナス経路の代謝*2

グルコースグルコース-6-リン酸フルクトース-1,6-ビスリン酸 → (ジヒドロキシアセトンリン酸) → グリセルアルデヒド-3-リン酸3-ホスホグリセリン酸ピルビン酸乳酸

*1信州大学名誉教授 細野明義 乳酸菌とビフィズス菌の糖代謝と発酵: http://www.nyusankin.or.jp/scientific/pdf/Nyusankin_493_a.pdf
*2髙木兼寛の医学 松田誠 生化学史における高木兼寛の位置 酵素学とビタミン学の劇的な出会いと近代生化学の成立・発展: https://ir.jikei.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1707&item_no=1&page_id=13&block_id=30

ご意見・ご要望をお聞かせください。


エムデン-マイヤーホフ-パルナス経路に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-09-28 (月) 14:52:13