エラグ酸(ellagic acid)

ポリフェノールのひとつ。エラジタンニンの構成要素であり、その分解によって生成される。*1

エラグ酸の化学構造

甜茶に含まれる。*2

エラグ酸の一部は腸内細菌によって代謝されウロリチン?ウロリチンA?およびウロリチンB?)に変換されて吸収される。その他は肝臓代謝されて尿中に排泄される。*3

*1関西学院大学理工学部 山田英俊 複雑な構造のポリフェノール、エラジタンニン類の合成法を確立 ネイチャーコミュニケーションズに掲載: https://www.kwansei.ac.jp/press/2014/attached/0000051501.pdf
*2浜松医科大学 健康社会医学講座 ウーロン茶・甜茶中のポリフェノール: http://www2.hama-med.ac.jp/w1a/health/old_site/kyouiku/kisohai/2001_1/2001_1_u-ron.html
*3KAKEN — 研究課題をさがす | 非侵襲的動態イメージングによる骨疾患治療への天然物リガンドの探索 (KAKENHI-PROJECT-16H00687): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-16H00687/

エラグ酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: fileellagic_acid.png 閲覧数 32回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-01-27 (日) 14:37:15