エラスチン(elastin)

弾性を持つタンパク質コラーゲンの次に多く生体内に存在する。*1

大動脈項靱帯皮膚心臓肝臓結腸子宮唾液腺などに存在する。無脊椎動物?はエラスチンを持たない。*2

皮膚紫外線(日光)が当たることで、エラスチンが分解されることによる皮膚の老化が起きることが確認されている。*3

これは紫外線によってマクロファージ好中球からエラスチンを分解する酵素であるエラスターゼの誘導が促進されることが原因とされる。

化粧品や生体機能材料(バイオマテリアル)への応用されている。*4

*1エラスチンとは: http://www.bio.kyutech.ac.jp/~iori/Maeda_Lab_Ela.html
*2鹿児島大学理学部生命化学科生化学研究室 細胞外マトリックス成分の構造と機能: http://www.sci.kagoshima-u.ac.jp/~arima/collagen%20text.pdf
*3真皮線維芽細胞由来エラスターゼの本体の同定と皮膚老化および毛周期における役割: https://tuat.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1121&item_no=1&attribute_id=16&file_no=1
*4九州工業大学の研究者 -私たちはこんな研究をしています-: http://www.ccr.kyutech.ac.jp/professors/iizuka/i5/i5-3/entry-758.html

エラスチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-05-15 (火) 14:17:49