健康用語WEB事典

エリオシトリン(eriocitrin)

エリオジクチオール配糖体のひとつ。エリオシトリンはレモン(特に中果皮)に含まれる主要なポリフェノールであり、他の柑橘類に比べて30〜100倍多く含まれるとされる。*1

エリオシトリンの化学構造

エリオシトリンには強い抗酸化作用脂質代謝改善効果、血糖血圧の上昇を抑える効果があることが報告されている。

エリオシトリンは消化・吸収後、エリオジクチオールホモエリオジクチオールヘスペレチン等に変換され、グルクロン酸との抱合体として血漿中に存在する。炎症反応の局部において、グルクロン酸の脱離が起き、エリオジクチオールが阻害効果を発揮する可能性が指摘されている。*2

*1レモン(Citrus limon)特有のフラボノイドに関する研究 -成分分析・分子特性・機能性に基づく有用性の評価- 県立広島大学大学院 総合学術研究科 生命システム科学専攻 山本涼平: http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/detail/1226520150525134622
*2エリオジクチオール及びその配糖体のアラキドン酸代謝系リポキシゲナーゼ阻害効果 | 農研機構: https://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/warc/2005/wenarc05-48.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


エリオシトリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileeriocitrin.png 閲覧数 472回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-04-04 (水) 14:36:09