エリスリトール(erythritol)

甘味料として使用されるテトロース糖アルコールエリトリトールとも呼ばれる。分子式は C4H10O4

エリスリトール(エリトリトール)の化学構造

グルコースを原料とし、スクロースの 3/4 の甘味を持つ。自然界には果物(メロン、ブドウ、ナシ)や発酵食品、キノコ、哺乳類の体液に含まれる。

吸収されてもほとんど代謝されず、90%以上が尿で排出されるため、ほぼカロリーゼロと言える。また、虫歯菌にも利用されないためプラークの原因とならない。

ショ糖の約75%の甘味をもつ四炭糖糖アルコールである。ブドウ糖を原料として酵母発酵により生産される “ブドウ糖発酵甘味料” であり,糖質では唯一のカロリーゼロの甘味料である。*1

*1三菱化学フーズ株式会社 第二事業部 技術グループ エリスリトール: https://www.jstage.jst.go.jp/article/oleoscience/13/9/13_423/_article/-char/ja/

エリスリトールに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: fileerythritol.png 閲覧数 100回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-03-10 (土) 15:44:11