健康用語WEB事典

エリソルビン酸(erythorbic acid : ErA)

アスコルビン酸ビタミンC)の異性体D-アラボアスコルビン酸とも呼ばれる。*1

エリソルビン酸の化学構造

アスコルビン酸と同程度の抗酸化性を示し酸化防止剤として使用されるが、体内における作用はアスコルビン酸の1/20程度。*2*3

タグ: 有機化合物 異性体 ビタミン

*1エリソルビン酸とL-アスコルビン酸との分離定量法について: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnfs1949/14/3/14_3_244/_article/-char/ja/
*2滋賀県立大学 人間文化学部 食品添加物の分類と例: http://www.shc.usp.ac.jp/nutrients/WEB-2-1-2.pdf
*3ビタミンC-多様な働きから所要量まで 近畿大学 農学部 食品栄養学科 重岡成 武田徹 村上恵: http://www.shc.usp.ac.jp/shibata/5-16-5.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


エリソルビン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileD-erythorbic_acid.png 閲覧数 117回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-03-14 (水) 14:00:26