健康用語WEB事典

エルカ酸(erucic acid)

22個の炭素を骨格とする一価不飽和脂肪酸菜種油に含まれ、化粧品に使用される。エルシン酸とも。*1*2

エルカ酸の化学構造

心臓に対する毒性を持つとされ、エルカ酸の含有量が少ない菜種品種が開発されている。*3*4

*1Erucic acid | C22H42O2 - PubChem: https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov/compound/Erucic-acid
*2エルカ酸/イソステアリン酸/リシノレイン酸ポリグリセリルの機能性について 阪本薬品工業株式会社研究所 野口安則 寺田玲子 大木淳 安保正恵 田村克之: https://www.jstage.jst.go.jp/article/sccj1979/38/2/38_2_104/_pdf/-char/ja
*3熊本大学薬学部/今月の薬用植物 アブラナ: http://www.pharm.kumamoto-u.ac.jp/flower/H2203.html
*4ダブルローナタネ品種の根に、実にはないグルコシノレートが存在する | 農研機構: https://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/narc/2006/common06-38.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


エルカ酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileerucic_acid.png 閲覧数 42回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-02-25 (火) 08:48:19