健康用語WEB事典

エルシニア・エンテロコリチカ(Yersinia enterocolitica)

ヒトに病原性を示すエルシニア属の細菌のひとつ。1939年に胃腸炎の原因となる細菌として発見された。*1

血清型では50種類以上に分けられ、病原性を示すのは一部。感染によって引き起こされる症状は下痢腹痛関節炎虫垂炎敗血症など。0〜45℃で生存可能。至適温度は30〜34℃。魚類や多くの哺乳類が腸管内の常在菌として保有する。

集団食中毒は汚染された豚肉が感染源となった例が多い。

*1共生と競争の生物界 エルシニア症 鹿児島大学農学部教授 岡本嘉六: http://www.vet.kagoshima-u.ac.jp/kadai/V-PUB/okamaoto/vetpub/Dr_Okamoto/Forum/FtoT/Yersinia.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


エルシニア・エンテロコリチカに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2019-12-01 (日) 08:01:18