健康用語WEB事典

エルロチニブ(erlotinib)

肺がんなどの治療のために開発された内服の分子標的薬。商品名はタルセバ*1

エルロチニブの化学構造

上皮増殖因子受容体EGFR)を阻害する作用を持ち、手術ができない非小細胞肺がんに対する延命効果が示されている。*2

*1タルセバ錠25mg/ タルセバ錠100mg: http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4291016F1020_1_14/
*2G-CSFによる造血幹細胞の末梢血への動員がEGFRシグナルの阻害により増強される - 世界の幹細胞(関連)論文紹介 - 慶應義塾大学 グローバルCOEプログラム 幹細胞医学のための教育研究拠点: http://www.med.keio.ac.jp/gcoe-stemcell/treatise/2010/20101224_02.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


エルロチニブに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileerlotinib.png 閲覧数 100回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-09-21 (金) 06:49:39