エンケファリン(enkephalin)

鎮痛作用を持つ神経ペプチド内因性オピオイド*1*2*3

プロエンケファリンA?前駆体とする以下の2種類が存在する。*4

*1ペプチドとは | 化学科 | 東邦大学: http://www.toho-u.ac.jp/sci/chem/column/amino_acids/amino_acids_3.html
*2KAKEN — 研究課題をさがす | LeuーエンケファリンとMetーエンケファリンの機能は異なる (KAKENHI-PROJECT-03808018): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-03808018/
*322年目の真実:モノとり(生化学)の大切さ 水野健作 東北大学総長特命教授,東北大学名誉教授: https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2018.900255/data/index.html
*4順天堂大学医学部麻酔学教室 痛みとエンケファリン 町俊夫: https://www.jstage.jst.go.jp/article/pjmj/31/3/31_352/_pdf/-char/ja

エンケファリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-11-21 (木) 15:13:54