健康用語WEB事典

エントナー-ドウドロフ経路(Entner–Doudoroff pathway)

解糖系のひとつ。ある種の微生物のみが利用する代謝経路。*1

好熱性の古細菌スルフォロブス?)はグルコースリン酸化を伴わないエントナー-ドウドロフ経路によってグルコースを分解する。*2

メキシコのプルケ(テキーラ)の発酵を行う原核生物ザイモモナス)は、この経路によってアルコール発酵を行う。*3

*1福岡大学 理学部 機能生物科学研究室 解糖: http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/glyclysis.htm#ED_pathway
*2原始的な糖代謝系酵素の新規な構造: 好酸好熱性古細菌由来ヘキソキナーゼと基質との複合体の立体構造を原子レベルで解明: http://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/wakagi.html
*3長寿の妙薬、赤ワイン? | 人間総合科学大学: http://www.human.ac.jp/sp/cm/memo_shoji.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


エントナー-ドウドロフ経路に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-02-11 (日) 15:23:18