健康用語WEB事典

オキサリプラチン(oxaliplatin)

FOLFOX療法において使用される抗がん剤がん細胞DNAに結合してその合成を阻害する。白金を含む化学構造を持つ。

オキサリプラチンの化学構造

冷たいものに触れると痛みに似た痺れを起こすという特殊な副作用がある。これはTRPA1を介して起こる。*1

また、この低温知覚異常の発現には、カルシウムチャネルNFATの活性化を介したTRPM8発現増加が関与しており、カルシウム拮抗薬であるニフェジピンおよびジルチアゼムの予防投与が効果的であることが明らかとなっている。*2

*1人はなぜ「冷たい」を「痛い」と感じるのか ―活性酸素と痛みセンサーTRPA1がカギを握る― — 京都大学: http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/160915_1.html
*2抗がん剤による末梢神経障害および悪心・嘔吐に関する研究 | 学術機関リポジトリデータベース: https://irdb.nii.ac.jp/01211/0000233184

ご意見・ご要望をお聞かせください。


オキサリプラチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileoxaliplatin.png 閲覧数 63回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-01-24 (水) 18:25:24