健康用語WEB事典

オキソフェリルポルフィリンπ-カチオンラジカル(oxoferryl porphyrin π-cation radicals)

通常よりヘム酸化当量が高い状態の活性酸素シトクロムP450はこれを利用して不活性な有機化合物ヒドロキシ化を行う。*1

*1酵素を“誤作動”させて行う有機合成 酵素反応を有機化学に利用するための反応制御 名古屋大学大学院理学研究科 荘司長三 同大学物質科学国際研究センター 渡辺芳人: http://bioinorg.chem.nagoya-u.ac.jp/content/images/6809gekkan_kagaku.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


オキソフェリルポルフィリンπ-カチオンラジカルに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-16 (金) 14:14:57