健康用語WEB事典

オファツムマブ(ofatumumab)

CD20に対するモノクローナル抗体ヒト抗体)。リツキシマブ抗原認識部位が異なり、よりCDC作用が強いとされる。商品名はアーゼラ

慢性リンパ性白血病B細胞非ホジキンリンパ腫などに有効。2013年4月にB細胞慢性リンパ性白血病の治療として承認された。*1*2

主な副作用好中球白血球の減少、乳酸デヒドロゲナーゼ増加、感染症など。

*1札幌医科大学医学部 消化器・免疫・リウマチ内科学講座 佐々木茂 篠村恭久 東京大学 医科学研究所 今井浩三 抗体治療: https://www.jstage.jst.go.jp/article/dds/30/1/30_16/_pdf
*2白血病および白血病類縁疾患における分子標的治療 岡山大学病院 血液・腫瘍内科 前田嘉信 谷本光音: http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/52324/20160528114710961785/126_49.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


オファツムマブに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-05-11 (月) 14:50:29