オメプラゾール(omeprazole)

胃潰瘍の治療薬。最も強力に胃酸分泌を抑制する。商品名はオメプラゾンオメプラール。国内では1991年から使用されている。*1

オメプラゾールの化学構造

胃酸分泌するトランスポーターであるプロトンポンプを阻害することによって、胃酸分泌を抑制する。*2

肝臓においてCYP2C19代謝に関わる。種々のヒト培養細胞で、チロシンキナーゼを介した細胞内シグナル伝達系を介してCYP1A1発現を誘導する。*3

*1医療用医薬品の有効成分の一般用医薬品への転用に係る候補成分: http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001asyw-img/2r9852000001at57.pdf
*2(株)化学同人 京都大学大学院薬学研究科 くすりをつくる研究者の仕事 薬のネタ探しから私たちに届くまで 2017/3/30
*3弘前大学農学生命科学部 遺伝子機能研究分野 菊池研究室: http://nature.cc.hirosaki-u.ac.jp/lab/2/celltech2/syoukai.html

オメプラゾールに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: fileomeprazole.png 閲覧数 41回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-01-13 (土) 11:59:49