健康用語WEB事典

オリーブ油(olive oil)

オリーブ果実から得られる脂肪酸としてはオレイン酸を多く含む。食品や化粧品医薬品石鹸などの原料として用いられる。

主要生産国は地中海沿岸のスペインやイタリア、ギリシャなど。地中海地域におけるオリーブの一人一日当たりの摂取量は50~100gとされる。国内では小豆島が主。*1*2

ラットにおいて、アゾキシメタン誘導大腸がんの発がんを抑制する効果が報告されている。*3

*1東京聖栄大学健康栄養学部食品学科食品衛生学研究室 オリーブオイル: https://www.tsc-05.ac.jp/images/nutrition_ed/2018fsp/04.pdf
*2神戸女子大学家政学部紀要 第51巻 地中海食とエキストラバージンオリーブオイル: http://www.yg.kobe-wu.ac.jp/doc/wu/kasei_kiyo/KASEI-kiyo51.pdf
*3KAKEN — 研究課題をさがす | エキストラバージンオリーブ油の栄養機能特性の解析 (KAKENHI-PROJECT-18500633): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-18500633/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


オリーブ油に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-04-09 (木) 10:51:39