健康用語WEB事典

カイニン酸(kainic acid)

興奮性アミノ酸のひとつ。紅藻のマクリ(海人草、カイニンソウ)から得られる回虫駆除剤の成分。*1

カイニン酸

カイニン酸を基本骨格とするアミノ酸カイノイドと呼ぶ。

興奮性アミノ酸受容体NMDA、カイニン酸、AMPAL-AP4?代謝調節型の5種類に分類されている。カイニン酸は、その中のカイニン酸受容体KA受容体)に作用し、シナプス前終末脱分極させることにより神経細胞を興奮させ、後に麻痺させることにより駆虫作用を示す。*2

*1kainic acid | C10H15NO4 - PubChem: https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov/compound/kainic_acid#section=Top
*2慶應義塾大学理工学メディアセンターリポジトリ 連続的シグマトロピー転位の開発と (-)-カイニン酸全合成への応用: http://iroha.scitech.lib.keio.ac.jp:8080/sigma/handle/10721/2617

ご意見・ご要望をお聞かせください。


カイニン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filekainic_acid.png 閲覧数 303回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:05:50