健康用語WEB事典

カイロミクロン(chylomicron)

リポタンパク質のひとつ。リポタンパク質の中で最も大きくトリグリセリドを多く含むが、最も濃度が低い。キロミクロンとも。*1*2

小腸上皮細胞で生成され、リンパ管胸管)を経て血液中に入る。脂溶性ビタミントリアシルグリセロールリン脂質コレステロールエステルなどはカイロミクロンによって肝臓に運ばれる。*3

*1脂質異常症(高脂血症): http://polaris.hoshi.ac.jp/openresearch/huyperdipidemia.html
*2What are Lipoproteins?: http://www.news-medical.net/life-sciences/What-are-Lipoproteins.aspx
*3西東社 カラー図解 栄養学の基本がわかる事典 川島由起子(2013/4/4): https://amzn.to/2tzGwYt

ご意見・ご要望をお聞かせください。


カイロミクロンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-02-20 (水) 20:58:18