健康用語WEB事典

カイロミクロンレムナント(chylomicron remnant)

カイロミクロンが各組織トリアシルグリセロールを運んだ後に残ったリポタンパク質肝臓に運ばれ吸収される。*1

LOX-1血管内皮細胞でカイロミクロンレムナントの受容体として動脈硬化の促進に関与することが示唆されている。*2

*1西東社 カラー図解 栄養学の基本がわかる事典 川島由起子(2013/4/4): https://amzn.to/2tzGwYt
*2信州大学医学部 生理学教室 LOX-1に結合する内因性のリポ蛋白質: http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/chair/i-1seiri/research04.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


カイロミクロンレムナントに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-02-20 (水) 21:01:56