健康用語WEB事典

カスタノスペルミン(castanospermine)

インドリジジンアルカロイドのひとつ。1981年に家畜やヒトに重篤な中毒を起こす物質としてオーストラリア産のマメ科植物から単離された。

カスタノスペルミンの化学構造

D-グルコピラノース?と類似する化学構造を有し、植物や動物の細胞由来のグルコシダーゼ拮抗阻害する。哺乳類内のグルコシダーゼやβ-D-ガラクトシダーゼも強力に阻害する。*1

タグ: 有機化合物 アルカロイド

*1微生物化学研究会附属微生物化学研究所 西村吉雄 グリコシダーゼ阻害剤の合成と活性: https://www.jstage.jst.go.jp/article/yukigoseikyokaishi1943/49/9/49_9_846/_pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


カスタノスペルミンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filecastanospermine.png 閲覧数 29回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-10-12 (月) 19:16:58