健康用語WEB事典

カスタラギン(castalagin)

加水分解性タンニンに分類される希少なポリフェノールカムカムに含まれる。*1*2

抗酸化作用や抗腫瘍作用、抗リーシュマニア作用、破骨細胞生成抑制作用などを有する。

*1NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE: Castalagin Exerts Inhibitory Effects on Osteoclastogenesis Through Blocking a Broad Range of Signaling Pathways with Low Cytotoxicity: http://naosite.lb.nagasaki-u.ac.jp/dspace/handle/10069/35624
*2Antioxidant activity of C-Glycosidic ellagitannins from the seeds and peel of camu-camu (Myrciaria dubia) - ScienceDirect: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S002364381630024X

ご意見・ご要望をお聞かせください。


カスタラギンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-09-25 (金) 08:41:42