健康用語WEB事典

カスピ海ヨーグルト(matzoon, Caspian Sea yogurt)

東欧グルジア地方の伝統的製法により調製した発酵乳によるヨーグルト。独特の粘りがある。呼称の由来は現グルジア共和国から国内に持ち込まれたため。マツンとも。

カスピ海ヨーグルトに用いられる乳酸菌クレモリス菌酢酸菌アセトバクター・オリエンタリス?*1

乳酸酢酸グルコン酸プロピオン酸ピルビン酸などを含み、これらの組成は叢の状態によって変化する。

酢酸菌アセトバクター・オリエンタリス?がカスピ海ヨーグルトラクトビオン酸の蓄積に関与していることが知られている。*2

*1千里金蘭大学学術リポジトリ 家庭で植え継がれたカスピ海ヨーグルト 児玉成一 安隨ゆき枝 熊川裕子: https://kinran.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=29&item_no=1&page_id=13&block_id=21
*2応用糖質科学:日本応用糖質科学会誌 特集:オリゴ糖研究の最前線 その1 機能性オリゴ糖の研究 ラクトビオン酸の機能性と生体触媒を用いた生産: https://www.jstage.jst.go.jp/article/bag/1/4/1_KJ00009004761/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


カスピ海ヨーグルトに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-05-11 (月) 07:14:06