健康用語WEB事典

カスポファンギン(caspofungin)

カンジダ属やアスペルギルス属による真菌症に対するキャンディン系抗真菌薬プネウモカンジンB0の環状ペプチドアミノ基修飾ヘミアミナール部分のヒドロキシ基ジアミノエタノール?で置換)を加え、水溶性で抗真菌活性の向上させた誘導体。商品名はカンサイダス*1*2

カスポファンギンの化学構造

β-1,3-グルカン生合成を阻害し、カンジダ属に対しては殺作用、アスペルギルス属には菌糸の伸長抑制作用を示す。

ミカファンギンアニデュラファンギンよりパラドキシカル効果を起こしやすいとされる。*3

*1カンサイダス点滴静注用50mg/ カンサイダス点滴静注用70mg: http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/6179402D1020_1_07/
*2新規キャンディン系抗真菌薬 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科感染分子病態学講座病態生理制御学分野 河野茂 掛屋弘 宮崎義継: http://www.chemotherapy.or.jp/journal/jjc/05012/050120839.pdf
*3キャンディン系抗真菌薬と耐性機構 ニュージーランド・オタゴ大学口腔科学講座 新見京子 国立感染症研究所生物活性物質部 新見昌一: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjmm/50/2/50_2_057/_pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


カスポファンギンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filecaspofungin.png 閲覧数 53回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-01-27 (月) 10:57:38