健康用語WEB事典

カゼインキナーゼ2(casein kinase 2 : CK2)

細胞内に存在するセリン・スレオニンキナーゼのひとつ。

今回、ヒストン脱アセチル化酵素複合体を構成するタンパク質である SMRT? (silencing mediator of retinoid and thyroid receptors) の 2522 番目のアミノ酸であるセリンリン酸化酵素カゼインキナーゼ2(CK2)によってリン酸化されることで、SPOC? ドメインが約 100 倍の強さで結合することを発見しました。*1

*1平成25年11月22日 ユビキタスなリン酸化酵素 CK2 によるリン酸化が分子スイッチとして機能することを解明 首都大学東京大学院 理工学研究科 三島正規 准教授の研究グループ: https://www.houjin-tmu.ac.jp/news/press/3579.html?d=assets/files/download/press/press_131122_1.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


カゼインキナーゼ2に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:05:50