カテキノピラノシアニジン(catechinopyranocyanidin)

赤小豆の種皮に含まれる、水に不溶性である紫色の色素。餡の色の成分。カテキンシアニジンピラン環を形成して縮合した有機化合物*1*2

立体異性体の関係にあるカテキノピラノシアニジンAとカテキノピラノシアニジンBの二種類が存在する。

*1Structure of two purple pigments, catechiopyranocyanidins A and B from the seed-coat of the small red bean, Vigna angularis | Scientific Reports: https://www.nature.com/articles/s41598-018-37641-0
*2赤小豆の種皮に新規の色素を発見! 餡の紫色はアントシアニンではない: http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20190208_i.pdf

カテキノピラノシアニジンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-02-10 (日) 21:47:55