カテプシンS(cathepsin S)

マクロファージ樹状細胞などの単核食細胞に特異的に発現するリソソーム酵素システインプロテアーゼの一種。*1

神経障害性疼痛の慢性化に、脾臓における樹状細胞が持つカテプシンSの働きによる抗原特異的なCD4陽性T細胞の活性化が関わることが報告されている。

*1共同発表:リソソーム酵素カテプシンSの末梢リンパ組織での働きが神経障害性疼痛の慢性化に関与: https://www.jst.go.jp/pr/announce/20140220/index.html

カテプシンSに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-17 (金) 15:15:04