健康用語WEB事典

カフェ酸(caffeic acid)

コーヒーに含まれるフェニルプロパノイドカフェイン酸コーヒー酸とも呼ばれる。分子式は C9H8O4

カフェ酸の化学構造

キナ酸エステル結合したクロロゲン酸として果実に含まれる。全果実中に含まれるフェノール酸の75%以上を占めるとされる。クロロゲン酸加水分解されるとプロトカテク酸と共に生じる。*1*2*3

カフェ酸の酸化物はCAFOX-1と呼ばれ、痛風の予防効果がある。

*1フェノール酸の吸収機構とその生理的意義 小西豊: https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/44/8/44_8_532/_pdf/-char/ja
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 食品中に含まれる抗酸化成分の栄養補助食品としての利用とその相互作用 (KAKENHI-PROJECT-14780082): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-14780082/
*3コーヒー成分による神経保護効果 の作用メカニズムの解析: http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php/KO80001001-20154389-0003.pdf?file_id=110996

ご意見・ご要望をお聞かせください。


カフェ酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filecaffeic_acid.png 閲覧数 338回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-10-23 (水) 08:53:46