健康用語WEB事典

カプサイシノイド(capsaicinoids)

バニリルアミン脂肪酸アミド結合し、カプサイシンに似た構造を持つ化合物群。脂肪酸部分の構造が異なる10種以上の同族体が確認されている。*1

体熱産生作用や脂肪代謝促進作用など様々な生理作用を持つ。これらの作用はカプサイシノイドがTRPV1を活性化することによる。*2

*1カプサイシンに関する詳細情報:農林水産省: http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/capsaicin/syousai/
*2トウガラシにおける新規カプサイシン類似物質・カプシコニノイドの含量 田中義行: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/5/52127/20160528115331516420/srfa_103_037_043.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


カプサイシノイドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2018-11-05 (月) 07:47:14