健康用語WEB事典

カベオラ(caveola)

カベオリンを含む小窪。細胞膜上で直径80nm前後の陥凹構造を持ち、脂質ラフトと同様にコレステロールおよびスフィンゴ脂質に富む。細胞細胞外の物質を取り込む際に関わる。アミノペプチダーゼNに親和性を示す。*1*2

KIF13BLRP1とカベオラを結び付けることでLRP1のカベオラを介した細胞内取り込みを促進することが報告されている。

*1細胞内取り込みのメカニズムを解明 | 東京大学: https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/articles/a_00233.html
*2KAKEN — 研究課題をさがす | ウイルス感染におけるラフト・カベオラの機能と細胞内シグナル応答について (KAKENHI-PROJECT-15590177): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15590177/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


カベオラに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-05-06 (水) 11:03:44