カベオリン(caveolin)

カベオラと呼ばれる細胞膜陥没構造を形成する主要なタンパク質コネキシン26変異により分断されたギャップ結合の周囲では、カベオリン1?およびカベオリン2?という分子の量が増加し、これらが行うエンドサイトーシスが過剰になることが報告されている。*1

カベオリンの発現低下は細胞の増殖を促す。がん細胞においては、その発現が著しく低下しているとされる。*2

*1順天堂大学 理化学研究所 遺伝性難聴の原因メカニズムを解明 ギャップ結合複合体の劇的崩壊による難聴発症様式を発見: https://www.juntendo.ac.jp/graduate/pdf/news07.pdf
*2KAKEN — 研究課題をさがす | がん細胞の増殖とカベオリン (KAKENHI-PROJECT-15024254): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15024254/

カベオリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-12-29 (土) 10:00:45