健康用語WEB事典

カベルゴリン(cabergoline)

パーキンソン病乳汁漏出症、高プロラクチン排卵障害、高プロラクチン下垂体腫などの治療となる麦角アルカロイド誘導体黒質-線条体ドーパミンD2受容体に作用し、抗パーキンソン作用を発現する。*1

カベルゴリンの化学構造
*1カベルゴリン錠0.25mg「サワイ」/ カベルゴリン錠1.0mg「サワイ」: https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1169011F1044_1_10/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


カベルゴリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filecabergoline.png 閲覧数 256回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-03-04 (水) 12:54:19