健康用語WEB事典

カマンベールチーズ(camembert cheese)

白カビペニシリウム属)による発酵によって製造される、フランス原産のチーズ。熟成期間が20日前後と他のナチュラルチーズと比較してかなり短い。*1

発酵工程で生成されるオレイン酸アミドデヒドロエルゴステロールが、ミクログリアアミロイドβ貪食活性と抗炎症活性を促進する。マウスにおいてはアミロイドβの沈着を抑制することが報告されている。*2

また、認知機能改善ペプチドであるβラクトリンを含むことやBDNFを増加させることから、認知症予防に有用である可能性が示唆されている。*3*4

*1日本食品科学工学会誌 カマンベールチーズ熟成中におけるタンパク質分解: https://www.jstage.jst.go.jp/article/nskkk1995/43/6/43_6_703/_article/-char/ja/
*2アルツハイマー病を予防できる可能性 - カマンベールチーズに原因物質の沈着を抑える成分を発見 -: https://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/2015/20150310-1.html
*3慶應義塾大学 乳由来βラクトリンが記憶力を改善することをヒト試験で確認 中高年を対象としたランダム化比較試験で効果を確認: https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/files/2019/4/25/190425-1.pdf
*4ヒト対象で世界初 カマンベールチーズが認知症に効果的と確認~本学とmeijiなどの共同研究で 桜美林大学: https://www.obirin.ac.jp/info/year_2019/r11i8i0000031efw.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


カマンベールチーズに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-03-12 (木) 14:07:04