カリクレイン(kallikrein)

キニノーゲンからキニン類を生成する反応を触媒する酵素セリンプロテアーゼ)。カリジノゲナーゼとも。商品名はカルナクリン*1

高血圧メニエール病閉塞性血栓血管炎ビュルガー病バージャー病)、更年期障害網脈絡膜などにおける循環障害の改善作用を持つ。*2

血漿カリクレイン組織カリクレイン?に分類される。*3

*1カルナクリン錠25/カルナクリン錠50/カルナクリンカプセル25: http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2491001F5056_1_05
*2カリクレイン錠10単位: http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2491001F4025_2_06
*3名城大学薬学部 薬品作用学研究室 アンギオテンシン・ブラジキニン: http://www-yaku.meijo-u.ac.jp/Research/Laboratory/chem_pharm/09jugyou/5.angiotensin.pdf

コメントはありません。


カリクレインに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-10-18 (金) 08:18:04