健康用語WEB事典

カルシウムトランジェント(calcium transient)

活動電位によって起こる、全細胞質カルシウムイオン(Ca2+)の濃度がほぼ同時に上昇する動き。心筋の収縮に対応する。Ca2+トランジェントとも表記される。*1

心筋収縮において細胞内Ca2+濃度が一過的に上昇することをCa2+トランジェントという.増加したCa2+はその後NCXにより細胞外へ汲み出され,同時に筋小胞体のCa2+ポンプ(SERCA)により筋小胞体内へも取り込まれる.この結果,再び心筋は弛緩する.*2

*1東邦大学 薬学部薬物学教室 心筋 バーチャルラボラトリ 心筋細胞内カルシウムイオンの高速イメージング: http://www.mnc.toho-u.ac.jp/v-lab/shinkin/ion/ion-3-2.html
*2心筋細胞モデルを用いたSERCA活性低下時のCa2+動態の解析 政策・メディア研究科 米田元洋: https://www.kri.sfc.keio.ac.jp/report/mori/2006/b-22.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


カルシウムトランジェントに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-10-30 (火) 08:00:07