カルシトニン遺伝子関連ペプチド(calcitonin gene-related peptide : CGRP)

末梢神経から分泌され、血管拡張作用を持つ神経ペプチド

肝細胞がんが起きた肝臓発現し、MAPKカスケードを抑制してがん細胞の増殖を阻止することが示唆されている。CGRP受容体の下流はPKA/cAMP/CREB経路があり、CREBpCREB?発現を有意に増させる。*1

結節性痒疹が発症した部位の真皮には、カルシトニン遺伝子関連ペプチドに感受性の高い神経が多く存在することが報告されている。*2

*1カルシトニン遺伝子関連ペプチドは Ras/MEK/ERK 経路を介して肝細胞癌細胞株の細胞増殖を抑制する 原雅樹 熊井俊夫: http://www.marianna-u.ac.jp/file/gs/ronbun/kou1192.pdf
*2「第 66 回日本皮膚科学会中部支部学術大会② 教育講演1 痒疹:便利だが曖昧な診断名と治療抵抗性」 浜松医科大学 皮膚科 教授 戸倉新樹: http://medical.radionikkei.jp/maruho_hifuka/maruho_hifuka_pdf/maruho_hifuka-160512.pdf

カルシトニン遺伝子関連ペプチドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-04-01 (月) 08:58:45