カルジオリピン(cardiolipin)

グリセロリン酸のひとつ。2つのグリセロール骨格と4つの脂肪酸(主にリノール酸)を持つ。前駆体ホスファチジルグリセロール*1

カルジオリピンの化学構造

ミトコンドリアに存在するカルジオリピンシンターゼ?によって生合成され、ミトコンドリアに多く存在する。[[ミトコンド リア内膜]]のTAM41がカルジオリピン合成に重要なCDP-DAGを合成する酵素であることが確認されている。*2

心筋症を伴うバース症候群?にはカルジオリピンの減少が関係することが示唆されており、心臓の機能維持に重要と考えられている。

*1リゾリン脂質アシル転移酵素研究の新展開 進藤英雄 清水孝雄: http://lifesciencedb.jp/dbsearch/Literature/get_pne_cgpdf.php?year=2009&number=5402&file=2aRx2wkCAPTTNAbvD7v27A==
*2ミトコンドリア機能に必須の脂質「カルジオリピン」合成の鍵を握る酵素(CDP-ジアシルグリセロール合成酵素)の発見: http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20130426_sci.pdf

カルジオリピンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: filecardiolipin.png 閲覧数 118回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-04-07 (日) 09:06:49