健康用語WEB事典

カルチノイド症候群(carcinoid syndrome)

神経内分泌腫瘍カルチノイド)から分泌される様々な生理活性物質によって現れる症状。*1

虫垂空腸回腸などでセロトニンを産生する腸クロム親和性細胞を由来とする機能性NETが主な原因。これが肝臓転移することでセロトニン代謝されなくなり、下痢皮膚潮紅、喘鳴心不全(特に右心系)、ペラグラ症状(舌炎口角炎)などを来す。*2*3

*1一般社団法人日本内分泌学会 神経内分泌腫(カルチノイド): http://square.umin.ac.jp/endocrine/ippan/03_disease/06_05.html
*2京都府立医科大学 急性虫垂炎で発症した小児虫垂カルチノイドの1例: http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/jkpum/pdf/127/127-10/127-10-07mitsuda.pdf
*3膵神経内分泌腫瘍(P-NET) | 広島記念病院: https://www.kkrhiroshimakinen-hp.org/archives/shinryouka_data/2537

ご意見・ご要望をお聞かせください。


カルチノイド症候群に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-10-24 (木) 08:24:28