健康用語WEB事典

カルバコール(carbachol)

ムスカリン受容体作動薬となる合成コリンエステル緑内障治療における縮瞳に用いられる。*1*2

カルバコールの化学構造

涙液タンパク質分泌作用を有し、カルシウム依存的にリポカリン分泌させる。*3

タグ: 有機化合物 コリン 緑内障

*1名城大学薬学部 薬品作用学研究室 EW-副交感神経興奮薬: http://www-yaku.meijo-u.ac.jp/Research/Laboratory/chem_pharm/mhiramt/EText/Pharmacol/Pharm-II02-4-1.html
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 心筋イオンチャネルにおける自律神経相互作用の電気薬理学的研究 (KAKENHI-PROJECT-61570089): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-61570089/
*3涙液分泌、神経軸索伸長および角膜上皮修復に及ぼす生体内タンパク質の薬理学的研究 ドライアイ治療薬の選択肢拡充を目指した基礎研究 武庫川女子大学 薬学研究科 薬科学専攻 藤井敦子: https://core.ac.uk/download/pdf/233609635.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


カルバコールに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filecarbachol.png 閲覧数 98回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-10-06 (火) 12:39:08