カルバモイルリン酸(carbamoylphosphate)

カルバミン酸リン酸からなる有機化合物酸化的脱アミノ反応によって生じたアンモニアから生成される。カルバミルリン酸とも。*1*2*3

カルバモイルリン酸の化学構造

尿素回路におけるシトルリン前駆体となる。オルニチントランスカルバモイラーゼによりオルニチンカルバモイル基が転移されてシトルリンが生成される。*4

ウリジル酸生合成の出発点となる物質であり、グルタミンと水、炭酸イオンから作られる。*5

*1carbamoylphosphate | CH4NO5P - PubChem: https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov/compound/carbamoylphosphate#section=Top
*2国家試験対策「生化学」実践正誤問題 解答・解説: http://www.sci.kagoshima-u.ac.jp/~arima/jissen_kaitou.pdf
*3西東社 カラー図解 栄養学の基本がわかる事典 川島由起子(2013/4/4): https://amzn.to/2tzGwYt
*4浅桐公男 オルニチン: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssmn/50/2/50_185/_pdf
*5福岡大学 理学部 機能生物科学研究室 生物化学C 講義資料 核酸の代謝: http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/pdf/bcC_12.pdf

カルバモイルリン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: filecarbamoylphosphate.png 閲覧数 179回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-02-24 (日) 09:03:31