健康用語WEB事典

カルパイン(calpain)

細胞内に存在する、カルシウム依存性のプロテアーゼ。哺乳類には15種類のカルパインが存在する。*1*2

カルパインは現在までに調べられた全ての多細胞真核生物と、ほとんどの単細胞真核生物と一部の真正細菌に存在し、スーパーファミリーを形成するCysプロテアーゼである。*3

活性化することによって細胞死を誘導する。緑内障における活性化が確認されており、カルパイン活性を抑制することで網膜神経節細胞細胞死から保護できることが示唆されている。*4

カルパインの種類*5

*1カルパインは阻害すればよいのか? 反町洋之 小野弥子: https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2016.880704/data/index.html
*2カルパインなのにNa+で活性化されるカルパイン3/東京都臨床医学総合研究所-Calpain PT: http://www.igakuken.or.jp/calpain/MainPages/t100512.html
*3カルパインの生理機能とその不全による病態「カルパイノパチー」: http://www.igakuken.or.jp/calpain/Papers/CalpainNoByotaiSeikagaku20080415.pdf
*4緑内障治療薬開発のためのイメージングシステムの開発... | プレスリリース・研究成果 | 東北大学 -TOHOKU UNIVERSITY-: https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2020/10/press20201023-01-glaucoma.html
*5カルパインのカルシウム結合構造とカルパスタチンによる阻害機構 | Nature | Nature Research: http://www.natureasia.com/ja-jp/nature/456/7220/nature07451/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A6%E3%83%A0%E7%B5%90%E5%90%88%E6%A7%8B%E9%80%A0%E3%81%A8%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%91%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%81%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E9%98%BB%E5%AE%B3%E6%A9%9F%E6%A7%8B

ご意見・ご要望をお聞かせください。


カルパインに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-24 (土) 17:44:54