健康用語WEB事典

カルボキシペプチダーゼ(carboxypeptidase)

ペプチダーゼの一種。タンパク質C末端カルボキシル基側)から順に、ペプチド結合加水分解する反応を触媒する酵素*1

N末端アミノ基側)から加水分解するペプチダーゼアミノペプチダーゼと呼ばれる。*2

*1山形大学 理学部・大学院理工学研究科 医工学セミナー要旨から抜粋: http://www-kschem0.kj.yamagata-u.ac.jp/~sakiyama/kenap.html
*2山形大学 理学部・大学院理工学研究科 SAKIYAMA LAB 医工学セミナー要旨から抜粋: http://www-kschem0.kj.yamagata-u.ac.jp/~sakiyama/kenap.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


カルボキシペプチダーゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:05:55