カルボキシメチルリジン(carboxymethyllysine)

終末糖化産物のひとつ。N(6)-カルボキシメチルリジンとも。

カルボキシメチルリジンの化学構造

糖尿病ラットでは神経線維シュワン細胞神経小血管内皮細胞周皮細胞に蓄積していることが確認されている。*1

*1愛知学院大学薬学部医療薬学科薬物治療学講座 糖尿病性神経障害の成因に基づく治療: http://www.slib.aichi-gakuin.ac.jp/gakukaisi/pdf/y7_01.pdf

カルボキシメチルリジンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: fileN(6)-carboxymethyllysine.png 閲覧数 3回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-09-22 (日) 10:37:32