健康用語WEB事典

カルボニルストレス(carbonyl stress)

糖鎖が結合する糖化によって、不可逆的な終末糖化産物ができること。動脈硬化糖尿病統合失調症の発症に関わるストレス*1

カルボニルストレスとなる糖化メイラード反応を経て起こる。これはビタミンB6によって抑制することができることが報告されている。

AGER?遺伝子変異はカルボニルストレスを促進するとされる。*2*3

*1統合失調症の原因解明のために―カルボニルストレスとは? | メディカルノート: https://medicalnote.jp/contents/150930-000017-CCGQZY
*2カルボニルストレス性統合失調症のDNA マイクロアレイ解析 | 東京バイオテクノロジー専門学校: http://www.bio.ac.jp/archives/sotuken/12272
*3KAKEN — 研究課題をさがす | AGERの機能解析とカルボニルストレス性統合失調症の病態解明 (KAKENHI-PROJECT-23791368): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-23791368/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


カルボニルストレスに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:05:55