ガストリン放出ペプチド(gastrin-releasing peptide : GRP)

ガストリンの産生を促進する神経ペプチド痒みの伝達に関わる。*1

小細胞肺がんでも産生され、がんオートクリン増殖因子として働くことが知られている。*2

*1KAKEN — 研究課題をさがす | 難治性掻痒症の神経機構解明に向けての新規アプローチ (KAKENHI-PROJECT-15K15202): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15K15202/
*2国立大学法人 岡山大学 ガストリン放出ペプチド前駆体, Pro GRP (Pro-gastrin-releasing peptide): https://www.okayama-u.ac.jp/user/kensa/kensa/tm/progrp.htm

ガストリン放出ペプチドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-09-12 (木) 09:34:25